冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

融ける月

2010-02-10 Wed 00:46


満天の星空に輝く半分の月に惹かれて、寝巻にコートとマフラーを巻きつけて外へ出た。しんと静まり返った夜はどこまでも暗く、風が吹いているわけでもないのに凛とした冷たさに満ちている。冬の夜が持つ、この独特の冷たさは、たんに表面を撫でていくような薄っぺらいものではなく、皮膚や肉、血を通して私を私たらしめている本質の部分にじわじわと這い寄ってくる。
空の高い位置にある星を追って坂道を登る。黒いアスファルトで舗装された急な坂。その傾斜を一歩進むたびに私を支える脹脛が悲鳴をあげる。足の裏から夜の冷たさが這い上がり、思わず身震いする。前に垂れてきたマフラーの一端を後ろに流し、少し冷えてきた指先を揉んで温めながら、急な坂を登り切る。予想外にきつかったため、少し息がはずんでいた。体の中心が、普段より強く鼓動し、その存在を知らしめる。送り出され戻される大量の血液の流れを想像しながら息を整える。ぐっと飲み込んだ唾液は、乾燥した空気にやられたのどに引っ掛かり、引っ張られるような痛みを訴えた。
坂を登りきったところには、暗い水を湛えた池のような空間が、車一台が通れるほどの道路をはさんで広がっていた。闇に薄ぼんやりとガードレールの白さが滲む。寒さで感覚のマヒした足の裏で、それでも道路の硬さを確かめながら、ねっとりとした濃密な闇が広がるその先へ歩を進める。人家の明かりは消え失せ、ぽつり、ぽつりと建ち並ぶ電灯の、妙に白々しい明りの他には、空に散りばめられた星と、じっと見下ろす下弦の月しかない。
どこまでも延びる道を、ただひたすら歩く。向かい風にマフラーをたなびかせ、顔にかかる髪を横にやり、月と星だけを光源に。冷たさにやられた足は、ただ機械的に前後運動を繰り返すだけで、皮膚は感触も温度も、何も伝えてこない。分厚い綿を履かされたような、そんな曖昧な感覚が足全体をすっぽりと包みこんでいる。暗さに慣れた眼は、周囲に茂る黒々とした木の存在を認識していたし、それらが囁くように揺れているのも知っている。なのに、私の耳にはどくどくと血管を走る血の音しか響いてこない。
《ねえ、どこに行くの》
気がつけば、自分の隣を誰かが歩いている。ちらりと視線を投げると、白いニットが夜風にたなびいている。
「知らない。ただ、月があまりにきれいだから」
だから、歩いている。隣の気配はそのままで、何も言わずについてくる。夜が一層濃くなったような気がして、視線を少し上にあげてみれば、薄い綿のような雲が月を隠していた。雲を透かして月の白い光が見えるけど、それは空の一部を照らし出すだけで地上にまでは届かない。
《月は隠れてしまったわ》
「でも、まだそこにある」
そういって、なおも足を動かし続ける。太ももを超えて、肋骨のあたりまで夜の冷たさがしのびこんできたように感じる。隣の白いニットを着た人は、そんな私を見て、それでもまだしつこくついてくる。そして、独り言のように言葉を投げかける。
《そう、そうね。でも、月はあなたを見てないわ》
《一人っきりで外に飛び出して、行先もわからずに、どこまで行くの》
《夜はどこまでも延びて、闇はどこまでも深いのよ》
《ねえ、底なし沼って知ってる。あれは底が無いんじゃなくて、溺れまいともがくうち泥につかまって、そのまま抜け出せなくなるのよ》
《寒くないの。ううん、寒いわ、寒いに決まってる。火傷しそうなほど寒いんでしょう》
「うるさい、黙れ」
しつこくしつこく囁かれ、ついに我慢できなくなって足をとめて振り向けば、隣をずっとついてきた白いニットの存在は、マフラーの巻き方から寝間着の種類、背丈、顔形まで私とそっくり、瓜二つの姿をしていた。驚いて目を見張る私を尻目に、私はいやに紅くてらてらと光る唇を開いて私にこう告げた。

どんなに求めたって、どれだけ歩いたって、月には触れられないって、知ってるくせに!

そういって、私は狂ったように激しく笑いだす。三日月に歪んだ口からは歪な声。三日月に歪んだ目からは沸騰した涙。声も、涙も、呼吸も、感触も、全部夜の冷たさに侵されて、最後にはどくどくと脈打つ心臓の鼓動さえ聞こえなくなり、私は私のまま、ぽつねんと夜に取り残された。
砂漠のように妙に乾ききった心で、涙の熱を残した瞳を上にあげてみた。そこにはどこまで続くのかと思われるのっぺりとした分厚い闇が広がり、あれだけ追いかけた月は、私の目の前でとろりと輪郭を融かして、そのまま消えてしまった。

+++++++++++++++++++++++++++++++
うあー、難しい。無計画に書くからか。
何かを書こうとするとき、授業で習ったことを逆手にとってやろうと思うも失敗に終わる。モチーフの持つ意味合いって、今も昔もそんなに変わらんね。
夜はすべてを隠してくれてるようでいて、たった一つの視線がすべてを見てる。世界を統括する目、月。語形が似てる気がするのは気のせいか。空の破れ目、身体の裂け目。今までもこれからも、月はすべてを見ながら黙して語らない。月の記憶は、彼の中で完結してる。目の記憶は、誰のものだろう。
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | ∧top | under∨

それは舌の上であっという間に溶けて消えた

2010-02-03 Wed 00:51



着替えてコンポのスイッチを入れた後、背の低いガラスのコップに飲むヨーグルトプレーン味を八分目まで注いだ。白くとろりとした液体が、とろとろと揺れている。スピーカーから静かに流れ始めたジャズ、sing!sing!sing!を聞きながらゆっくり口づけ、少しずつ口内に流していく。口に入った飲むヨーグルトは、見た目同様、とろりと舌に広がった。記憶にある味よりも甘いそれに若干驚きながら、角度を急にして一気に飲み干す。
近くにあった印刷機の上にコップを置き、唇をなめる。ヨーグルトのとろりとした感触が、わずかではあるが舌に感じられた。少し伸びをして固まった筋肉をほぐしながら、パックを手に取り台所に向かう。胸のあたりまでしかない一人暮らし用の冷蔵庫を開ければ、中には野菜から出来合いのお惣菜、賞味期限が切れたお茶、知人からもらったジュース等が無秩序に収納されている。サイドポケットで倒れているソースやマヨネーズを起こし、空いたスペースにパックを置く。ヨーグルトは、まるで一年前からそこにあったかのようにぴったりと、違和感なくおさまった。
何の飾りけもないグレーの扉を閉め、一つしかない部屋に戻ろうとしたとき、電子レンジの上にあるリンゴが目に入った。手を伸ばしてとってみる。それは、3日ほど前に近所のスーパーで買った一玉78円のサンふじだった。回しながら表面を見た後、それと一緒に部屋に戻る。
ベッドに腰掛け、着ていた上着の裾でリンゴの表面をきゅっきゅっと磨いた。少しこするだけで、赤い皮はつやつやとした光沢を取り戻し、いかにも美味しそうな色を放つ。一通りこすり終わった後、もう一度ぐるりと見回して、リンゴを右手に持ったままぼふっとベッドに腹ばいになる。膝を曲げてぶらぶらさせながら、枕をうで起き代りにして、しばらくの間つやつやと光るリンゴを眺める。下のほうに少し青さが残り、上のくぼんだ所の近くに小さなこぶがある。そのこぶの部分を指でなでてから、リンゴを目より下に持ってきて、目を閉じて匂いをかぐ。甘い香気が、ふわりと鼻腔をくすぐる。
ちらりと時計を見ると、23時43分くらいだった。少し考えてから、まあリンゴだし、と思ってその赤い皮ふに歯を立てる。前歯が皮を突き破り、そのすぐ下にある白っぽい果肉をえぐり取る。しゃく、という音と同時に、リンゴの一角がへこみ、口の中に甘い果汁と白い果肉、赤い皮が入り込む。口を閉じ、それらを咀嚼して飲み込む。リンゴのえぐられた部分にも透明な果汁がたまり、耐え切れなくなったようにあふれて表面を滑る。ベッドに落ちる前に、舌をのばしてそれをすくい取る。先端に触れると、それはすぐに舌全体に広がり、極上の甘味を味わわせてくれる。
リンゴは切ったり皮をむいたりせず、そのままかぶりつくのが一番おいしい。とくに、サンふじ。というようなことを考えながら、しゃくりしゃくりと食んでいく。新たにかぶりつくたびに口のまわりにも汁がつくが、そんなことには構わない。芯のほうにある果肉は、少し酸い。でも、その酸味が新鮮で、それを求めてもう一度芯のあたりに薄く歯を立てる。
芯の部分を残して、これ以上食べる場所がなくなったリンゴをぼんやりと眺める。無骨な彫刻家が削ったオブジェのようになったそれは、元が不格好な球体だったとは想像ができない。
いつまでもそうやって見てるわけにはいかないので、捨てるためにのろのろと起き上がり、ぺたぺたとフローリングを歩いて台所に行く。土や雨、埃で薄汚れた明り取りの窓を通して、前の廊下を照らす蛍光灯の白い明りがうっすらと差し込み、地域指定の生ごみ袋の場所を示してくれる。

名残惜しくて最後にもう一度食んでみたりんごは、芯の部分なのになぜか甘かった。

+------------------------------+

久しぶりに書きたくなって、衝動的に書いたら、結果的によく分からないものができてしまった。
しかし、相変わらず書くときの癖というのは健在。成長しないなと思ったけど、ここ数年こういうもの書いてなかったんだからそれは当り前か。
もっとこう、官能的かつエロチックに書けるようになりたい。
文章に必要なのはエロスだと思う。ここでいうエロスってのは、具体的な性描写じゃなくて、何気ない行動をどれだけ色っぽく書けるかってことね。日常でなんとなく繰り返される動作というのは、異化してみるとじつはすごく艶っぽいんじゃなかろうか。しかし、エロスはただただ色っぽくて美しいだけじゃなく、そこには必ずなにがしかのグロテスクなにおいも漂ってる。
また現実逃避でいろいろ書いてみたい。できれば長編にも手を出してみたいけど、体力とか考えると中編が限界かな。

別窓 | 小説 | コメント:2 | ∧top | under∨

1周年!

2006-10-23 Mon 09:24
フライングにならないことを願って 氷月です

1周年記念SS 【抱きしめた温もり】 無事完成いたしましたので
1ヶ月間フリーにしたいと思います。
……うん、誰も必要としてないってのはよく分かってるけどね…
著作権云々については、今更いう必要ないと思いますが
腐っても著作権は私にありますからね。

まさか、この飽き性の自分がよくもまぁ1年間もやってこれたよ…
ほとんど自己満足でくだらないことばっか書いてきましたが
それでも1周年迎えられたのは、こんなところにお越しくださる貴方のおかげです。
本当にありがとうございます…!
そして、これからも氷月と不定期をよろしくお願いいたします。

では、以下SSとなります。

1周年!の続きを読む
別窓 | 小説 | コメント:6 | ∧top | under∨

たまには

2005-12-27 Tue 16:08
住所が分からん! 氷月です

午前をほとんど年賀状に費やした結果
何とか書き終わりました。
今年は同人大丈夫な人の分は、趣味をぶつけました。
ノーマルの人のやつにも、ちょこちょこと…
立海のネクタイとか…
オリキャラとか……
BGMは王子のアルバムで!!
とまぁ、書き終わったわけです…がぁ!
合併とかなんやらで、何人かの住所が変わってる!
……ピンチです。
明日、郵便局にいって聞いてみようかな…

とあるサイト様を覘いてみたら、小説について
書かれておられたので、あーなるほど…とか思いながら
読ませていただきました。
で、何か書きたくなったので、今日はおまけつきv

おまけがつくから今日はここで。
12月31日の午後10時から年越し絵チャします。
お時間に余裕のある方は、ぜひともお越しくださいませ☆
優しくすると、喜びますよ~(黙れ
なにはともあれ、よろしくお願いします(何を?

以下おまけ。

たまにはの続きを読む
別窓 | 小説 | コメント:0 | ∧top | under∨

おまけつき

2005-12-20 Tue 18:19
お腹すいた…? 氷月です

何かこのごろ、ただでさえ不規則な食生活が
余計不規則になってきました。
朝と昼はほとんど食べないし夜もホントにちょっとだけ。
しかも、食べ物のにおいかいだだけで
軽く吐き気が…
なんだろなぁ…お腹はすいてるんだけど胃が受け付けない?
おまけに寒くなってきたから切ったとこ
目立ってきてるし…
この間部室で、人生何処からやり直したい?
というようなことを話してました。
私はもう、できることなら種になる前から!
それがムリなら、今年の春に戻りたい!といってました。
今年はいるんな意味で悪いこといっぱいしてきたからなぁ

そういえば日曜の塾の帰りに、凍ったところを
キョ~~~~!!
とか言いながら滑って楽しんでました。
……ごめんなさい…こんな女子高生でごめんなさい;;
この年になっても、凍った所を見つけると
滑りたくなってしまうんです…orz

そして今日は、部室で部長や友人達と
話してました。
最初の方は、来年に迫った受験のことについて。
もう、結構勉強になった!
とにかく家をでたいがたえに、県外の大学に変えました。
受かるかどうかは、自分の努力しだい。
意地で家でてみます…
後半は、部長の友人の話をしてたんですが…
なんですか、最後のほうの嫌な空気は!!
後半、微妙なエロトークになってたよ…
そしてその内容が分かる自分が嫌だ…
でもまぁ…友人さんの話が面白かったからよし!
だって、ハンバーガー食べたら
中身のレタスがズルズルでてきちゃうほどかみ合わせ悪い人なんですよ!!
その友人さんは、最近酷い口内炎のため
本気で物が食べられないとか…
あごの位置を変えるために手術受けるとか…
信じられます!?
私たちは、腹抱えて笑ってました!!(腹筋痛っ
明日写真を持ってきてくださるようなので楽しみですv(ちょっとまて

以下、日曜の夜に一人でしてた妄想。
興味をもたれたら見てやってください!

おまけつきの続きを読む
別窓 | 小説 | コメント:0 | ∧top | under∨

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。