冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

この野郎

2009-11-12 Thu 19:18
china_free.gif


ふざけんな。

精神的にきつい如月です。
頑張れ、あと1日だ。

明日で施設体験も終わります。踏ん張れ。
昨日は起きた時点で大雨強風だったのでふざけんな畜生という気持ちでいっぱいでした。おまけに途中で傘折れるし。もう折り畳みなんて二度と買わん。
傘折れたからそのまま鞄に突っ込んで歩いてたら、親切なおじさんが乗せてってくださった。いきなりクラクション鳴らされてロックも外されたからね。最初何が起こってるのかわからんかった。ずぶぬれだったからタオルまで下さって本気で涙出る一歩手前だった。おじさんありがとう、本当にありがとう。シート濡らしてごめんなさい。
最敬礼で見送ったんだけど、よくよく考えたら無警戒にもほどがある。県内の女子大生が殺されて犯人まだわかってもないのに、知らない人の車乗ったんだからな。おじさんがそのこと言われて初めて気が付いた。遅いわボケ。本当に親切な人でよかったと、別の意味で心から安堵した。性善説か性悪説かっていわれたら間違いなく後者だと答えるくせして。たぶん、理屈はそうでも核の部分では性善説なのかもしれない。そうであってほしいと信じてるだけの。
確かに物騒で田舎といえども殺人事件が起きるご時世だけど、そんな中でも見ず知らずの濡れ鼠を拾ってくださったおじさんのような無償の親切を行う人もいるんだよな。
受けた恩は忘れません。

雨の日って不思議だよな。雨だからこそ起こる凶悪事件もあれば、雨の日だからこそ起こるいい話もある。
雨の日に親切にされたのはこれで2回目。1回目は小学校低学年くらい。
にわか雨だったのか、途中から降り出した雨だったのかは忘れたけど、傘なかったんで歩いて帰ってたら、後ろから来た高校生(あれは工業だな)が傘くれた。悪いといって断ったら、自分駅行くしすぐ電車来るからってってそのまま渡して走ってった。あの言葉が本当だったのか嘘だったのかはわからない。あの後もあの男子学生は濡れながら帰ったのかもしれない。それは本人のみぞ知る話だけど、嘘だろうと本当だろうと彼がしたことだけは紛れもない事実。小さいながらにも、ありがたいな、申し訳ないなって思った。
今もその傘あるかどうかはわからない。自分は捨てた記憶ないけど、どうなんかな。
この話、数年後母さんの知るところとなるんだが、あまりにもドラマじみたシナリオだったんですぐに信じてもらえなかったんだぜorz

情けは人のためならず。他人にかけた情けは巡り巡っていつか自分にかえってくる。
自分もいつか、そういうことをする側になる機会が来るんだろうか。

こないだから紅茶とほうじ茶飲んでるんだけど、奴ら利尿作用が抜群ですね。
いつもはストレート。というか、紅茶といえばストレート、それ以外は邪道だといってはばからないくせして、なぜか一度はミルクティーを作ってしまう。
前回はミルク70%で死ぬ思いをしたので、今回は20%に抑えてみた。前に比べると楽に飲めたし匂いも気にならなかった。が、やっぱ牛乳で紅茶の匂いぶっ飛んでわかりきってたことなのに畜生orz てなった。ミルクティーが飲みたいわけじゃなくて、単にミルクティー作りたいだけなんだな。
牛乳分がだめっぽいのに、次はウインナーやろうとしてる自分は本当に馬鹿なんだと思う。高いけどシナモンスティック買うぞ。
バカついでにもうひとつ。
紅茶用ポットは去年イギリスで買ったやつなんだけど、なんで2~3人用にしたんだろう。5~6人とか、もっとでかいのにしとけばよかった。そしたら一気に紅茶飲めたのに。と考えたところで、もう一度よくよく考えてみると、今使ってるミルクパンは500でいっぱいになるからデカイの買ってたとしても一気に作れないということに気が付いた。ああもうほんとバカ。

外国人参政権付与の今国会提出は見送られたようです。原因は、党内の反対派と国民からの批判。
でも、次は通常国会での提出を目指してる。何で反対されたのにしつこく出そうとする。そこまでしてやらないといけないことか。経済対策とかよりも優先されないといけない理由は何だ。
ずぶずぶなんだね、民団と。そんなに好きなんだったら、一刻も早く半島に帰化しちまえよ。

両親は今年も正倉院展に行ったそうです。大変うらやましいです、うらやましい通り越して妬ましいです。自分だって、自分だって行きたかったのに。
今年は螺鈿の琵琶まで出てたようでね。垂涎ものだよ。自分これ見たいんだよ。資料じゃなくて現物見たいんだよ。すんごい奇麗だったって……畜生orz
千何百年も前の物が、今でもその時のままの状態で保存されてて公開できるってすごいことだよな。
かなり疲れたらしく、その後池の近くのベンチでアイス食べてたらしい。そしたら鹿が寄ってきて親父がまた構おうとしたんで必死で止めたって。奴らにアイス食わそうとすんなよ。味覚えて他の人襲いだしたらどうすんだ。奈良のシカは凶暴だ、シカせんべい持ってるだけで襲ってくる。
しかし、その時の親父の動作から表情、声、すべてがリアルに再現できる。母さんにも言って同感だという答えをもらったが、父さんは人間よりも動物の方が好きだ。人間も動物だから、正しくいうなら人間以外の動物が好き。野良だろうとなんだろうとみるとすぐちょっかい出す。その結果、噛まれて病院行ったことあるにもかかわらず。
いい人なんだけど、何かずれてんだよな。

『家鴨と鴨のコインロッカー』面白い。川崎最高だよ。目標にしたい変人がまた一人増えました。

別窓 | 日常の戯言 | コメント:0 | ∧top | under∨

<<寒すぎて | 不定期(旧) | 諦めて>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。