冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

なんだかな。

2010-02-04 Thu 23:58
china_free.gif


小沢不起訴。十二分の証拠がつかめなかったってことは、十分な証拠まではつかめたってことでいいのか。側近3名は起訴されるみたいだけど、なんだかな。これで捜査終わったりしないよね。
国のトップは子供手当(笑)という名の脱税やマネロンしてもお咎めなしなのに、一般人はアウトってなんなんだろ。真面目に生きるのが馬鹿らしくなる。てか、奴らを税金で養ってるって現実がばからしくなって税金払いたくなくなってきた。いや、消費税くらいしか払ってないけどさ。真面目がバカ見る社会になったら、もうだめだ。

そんな感じでふてくされてる。しかし、現実見ないといけない。
テストはすべてぎりぎりのところでしのいでいく。とりあえず、今日の方言論は60点でいいからくださいorz 語彙なんて、覚えてねーよ。
司書のやつも一つしか受けないくせして詰め込めてないというね。おまえの頭はどうなってんだ。行きの電車で頑張る。

こないだ近文卒論ガイダンスがあって、なるべく早く相談行くようにって言われたので今日行ってきた。ノックしたけど返事聞こえなくてあわあわしてたらドア開いてビビった。出だしから嫌な予感。
趣向凝らさず、黒塚でやりたいって直球で言ってみた。猛反対されるかと思ったけど、意外とやんわりしてて拍子ぬけ。そのあと、どういう感じのエログロが好きなのかについて少し話してた。で、何冊か雑誌借りて帰った。
パラっと目を通してみたけど、自分はエロ:グロ=9:1だということがわかった。官能的で感覚的な耽美の世界が好きらしい。スプラッタも上品なのが好き。ブシャーってのは無理。サラサラした感じ。
一言でエロといっても、いろんな種類があって奥が深いんだなってのを実感。まあ、自分がそういうの好きってのをはっきり自覚したのが、実は結構最近だったからな。自分の好きなものだけで満たされた狭い世界にしかいなかったし。
今回もらったやつ読んで、来週も一回行く。その間に先生も黒塚読んでみる的なこといっとられたので、あとは黒塚が卒論に耐えるだけの作品であることを祈るしかない。エログロでやりたいってのが一番大きいんだけど、でもやるんだったらやっぱ黒塚でやりたいんだ。初めて読んでから6年は経とうとしてるのに、いまだに大好きなんだ。この作品を徹底的にとまではいかなくても、4年間の集大成としてまとめあげたい。
あああああお願いします、黒塚で卒論やらせてください、茨の道でも構いません、やらせてくださいお願いしますorz
話はそれるけど、猛反対されなかった理由が、おまえだったらもしかしたらいける、かもしれないという先生の勘だったのが実は嬉しかったりする。買いかぶりすぎだってのはわかってても、人間褒められたり認められたりするとやっぱちょっと嬉しい。それだけ。

1週間ぶりのバイトは、地獄だった。何がいやって社長が来たこと。しかも一度どっか行かれたとおもったら45分という時間差で戻ってこられるし。え、何このサプライズいらない。お爺ちゃんなんだけど、どういう風にしとけばいいのかわからん。おまけに、もう大丈夫だろと思って堂々と黒塚置いてたからアババババ。隠したけど時すでに遅し。畜生。
あとは堀川10個入り10箱とかいうお客さん。目が点になった。10個10箱って100個ですか。確認したら在庫足りたから作ったけど、すべてが終わった後のカウンターは荒れ野原。バイトは呆然と立ち尽くす。しかもその間に一人お客さんくるわ、桟が汚れてるから拭いてと言われるわ、なんか散々だった。おまけに埃すごいたまってるし、なんだよあれ。
代わりに後半はほとんど人来なかったので楽だったので±0ってとこか。
再び団子が始まってたので、また少しの間は胸が痛い日々が続きそう。

夢枕獏の作品で検索かけてたら、陰陽師の最新刊が出てるって情報があったので早速バイト帰りに書店によった。
ほっくほくで読んだけど、1話目読み終わった時点で動悸がしてきて切り上げた。いやいや、あれないよ。何あの爆弾発言。思わず叫んだぞ、え、晴明、お前はそんなに博雅好きなのか、好きですよねー! 可愛いもんね、いちいち可愛い反応返してくれるからいじる甲斐があるよね。ああもう博雅お前も悪い、なんで晴明の全身から解き放たれている博雅好き好きオーラが分からないんだ、鈍い、鈍すぎる、察してやれ、そして貞操の危機を感じろ、ああもうお前可愛すぎるんだよこんちきしょう! 
えー、陰陽師はどう見ても晴明→博雅のBL小説です、本当にありがとうございます*´д`
これ友情じゃないって、博雅から晴明は友情だったとしても、晴明から博雅は友情じゃないから。友人以上の感情だから。ここに道満様が入ってきたらと考えただけで幸せになれる。博雅争奪戦……燃えるじゃないか。妖艶な色気の晴明と、普段は無骨だけど博雅の前では年長者の余裕を見せつける道満様……どっちが勝ってもおかしくない。しかし博雅それに気付かない、超ド級に鈍い。道満様は大人の余裕ってやつですか、それでしのぐけど、若造晴明はやきもきしてればいいよ。報われないせっくすあp(略
これ、最終的にどこに行きつくんだろう。まあ、どこに落ち着かれても美味しく頂きますがね。
大金はたいて買った甲斐があった。神様ありがとう、夢枕獏ありがとう!!

そんな感じで、私は今日も元気です。

別窓 | 日常の戯言 | コメント:0 | ∧top | under∨

<<うををを! | 不定期(旧) | それは舌の上であっという間に溶けて消えた>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。