冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

うををを!

2010-02-06 Sat 01:02
china_free.gif


忠臣蔵たまんねー!
久々に研究室忍び込んで飲むヨーグルト@ベリーミックスをお供に、『仮名手本忠臣蔵』のレポート課題部分読んでたらなんかみなぎってきた。ああもういい、やっぱ忠臣蔵いい。読み物としても楽しめるし、舞台でも楽しめるし、映像でも楽しめるし。
当時から賛否両論なんだが、こういう生き方が出来るってのはすごくうらやましい。いろんな人の思惑が入り交じって、一筋縄じゃいかない。舞台だから予定調和は図られるけど、読んでる最中は一寸先は闇状態で手に汗握る。てか、ため息止まらん。昨日の『陰陽師』とは別の意味で心臓バクバクいってる。
これ、男の忠義の物語って取られがちで、実際その側面はあるんだけど、それと同時に男と女の情念、女の愛の物語でもある。ここに描かれるすべての夫婦が、愛しくて哀しい。
忠臣蔵万歳。

『陰陽師』読み終わった。私の人生も終るかと思った。
「ものまね博雅」が晴明の一人勝ち状態。てかハーレム。くそ、何堂々とボディタッチしてんだよ。白々しいにも程があrいいぞもっとやれ。博雅がいちいち可愛すぎました、ちょっかいかける晴明が生き生きしすぎでした、本当にありがとうございます、生きててよかったー!
この溢れんばかりの情熱をどうしたらいいんだ。ものっそ語りたいけど、周りでこれ読んでる人いないし。無念。
これ、最初から読み返してみると大変なことになるんじゃかなろうか。晴明はいつから自重しなくなったんだろう。
とにかく昨日はニヨニヨ笑いが止まらなかった。あと、突発的に叫んだりしてたから隣の人もビビッたと思うけど、多分寝てたから大丈夫。楽しかった。

久々に図書館行ったら、ここにある本全部読まなきゃいけないのか、という妙な使命感に襲われた。

別窓 | 日常の戯言 | コメント:0 | ∧top | under∨

<<タイトルなし | 不定期(旧) | なんだかな。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。