冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

2010-04-15 Thu 01:13












































































































































































































































自分の中の空洞が段々大きくなっていく感じがする。小さな針で突いたくらいだった虚ろが時の経過と共にしだいに膨れ上がっていく。自分は確かにこの世界に存在してるし自分もそれを認識してるけど、何かが違う。薄い膜、透明の障害物を通して存在しているように感じる。他人がどうして笑ってるのか、どうしてそんなに上手に会話が成り立ってるのか、どうして人と一緒にいれるのか、そういったことがどうして可能なのかわからない。自分だって話しはしたりしてる、でも何かが違う。上手くいえないけど、違ってる。中身がない、感じがする。外界とどう接していいのかわからない。自分自身をきちんと理解、認識できない。それなりの生活は出来てるけど、このまま放っといたら後でややこしくなりそうな気がする。まだそれなりに余裕のある時に整理しとかないといけない。でも、何に手をつけたらいい。何をすればいい。そもそも、一体何が問題なんだ。
言葉がたまっていく。堆積して、底のほうから腐っていく。精神の体重が重くなる。沈んでいく、自分の内側に潜っていく。ひたすらに寂しい。世界にはいろんな人がたくさんいるのに、ひたすらに孤独しか感じない。自分を守る殻が硬くて分厚すぎる。
別窓 | 日常の戯言 | コメント:0 | ∧top | under∨

<<タイトルなし | 不定期(旧) | タイトルなし>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。