冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

海と鉄橋。

2007-08-26 Sun 19:10
暑かったです。
シエスタなしで頑張りました。

今日は朝から豊○まで行ってきました。
この間、テレビ見てた時におかんが余部鉄橋見に行きたいと言い出して
親父に、私を豊○に連れてってという、何とも寒いギャグかまして
親父も気が向いたらしく、行ってきました(説明下手

こんな感じ。


のどかなところでした。時間の流れがすごくゆっくり。
海と山の両方があってきれいでした(青と緑
鉄橋の赤がかすれてていい味出してます。
カメラ持った人たちが結構いました。時刻表も持っておられる方もいて、気合入ってるなぁと思ってましたね。

ローカル。


ローカル列車通りまーす。
地元のなんて目じゃない、これがほんとのローカルだ!
やっぱり鉄橋のところはものっそ速度落として走ってました。
ま、何かあったらね…怖いよね。
待っておられた方、一斉にカメラ構えてましたよ。
隣ではおかんがいい年して両手振ってました。

向きは気にしちゃいやん。


横向きで撮ったけど、それを修正するの忘れてた一枚。
や、ほんと、すんませ…orz

このあと、なぜかひと駅分だけ乗るかみたいな話になって、気がついたら余部駅の下まで…
あれ、すごい山の中にあるのね…あたりまえだけど。
言い出しっぺの親父は、見てちょっとしてから、先に駅に行って待ってると言い出しました(ちょ
結局おかんと(あまり乗り気じゃなかった)私二人でいざ余部駅へ。
が、やっぱりというかお約束というか、急な坂道のためおかんを引っ張って登りました(日傘の先掴んで
なんでこんなとこに来てまでひっぱらないといけな…こんにちはー!! みたいなテンションでした。しんどかった…orz
すれ違った人、笑ってたよ…
駅までついたら、次は来るのに1時間半かかるという罠。
来るまでぼーっとしたり、しりとりしたり古今東西したりしてました。
何が悲しくてこんなとこに来てまでおかんとしりとりしないといけないんだ…ラッコ。みたいなノリ。
待って待ってやっと来たローカルに乗って鎧まで行きました。
橋の上から見ると、海も人家も見渡せて迫力あったよ。
おばちゃんたちが手にデジカメもってパシャパシャやってました。
短い距離だったけど、貴重な体験ができてよかったです。
で、帰りは帰りでね、下手したら死ぬ…かもしれない事故にあいそうになるしね…
や、止まってるんなら指示器出せよ! あんなブレーキ音をリアルに聞いたの今日が初めてだよ…(ガクブル
最期に考えてたことが茂美ちゃんのことだなんて、やだ(かなり切実
そんなの、死んでも死にきれない。

海も見れてよかったです。
やっぱ深いからすごく青かった。
海自体はあまり好きじゃないけど泳ぐのは(下手だけど)好きなんで泳ぎたくなったな…水着ないけどね、あってもスク水さ…(しかも小さい/泣
去年までは大阪に脱走した時に電車の中からみたくらいだからな…

なぜか左腕を狙われます。
今日は手の甲噛まれてました。
切ない…orz

ひまわりみるとロシアを思い出します。


隠れ家のほうにコメ残しましたが、本当に身体大事にしてください。
代わりがないとわかっておられるのなら尚更です。
喉で勝負なしごとをしておられるのに、違和感感じた時に病院行かれなかったこと、他人事ではありますがかなり悔やんでおります。
悪化しないように、ちゃんと休んでください。
繰り返しになりますが、お身体お大事に…
別窓 | 日常の戯言 | コメント:0 | ∧top | under∨

<<欠けて満ちての繰り返し | 不定期(旧) | 寝たい。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。