冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ちょこっと遠出。

2007-10-13 Sat 18:21
ボンソワール。
わけのわからん異国の言葉で話しかけられ、思わず Oui. て答えたらなんか相手に通じて、これ渡しといて! みたいなこと言われ、去り際にドイツ語であいさつされてそうかドイツ語だったのか、という夢を見ました(長い
あと、アラームが鳴ってるのに必死でヴォイスを止めようとしたり…
土方さんのヴォイスが流れて、やっと違うと気が付きました。
寝起きの頭は、いつにもまして回転が悪い…orz

そんなこんなで、今日は早く起きれたので
晶祐さん道連れに玉造温泉まで行ってきました!
企画としては、知らないところを歩きまわる、みたいな感じだったけど
私の最大の目的は、足湯。
最寄駅まで歩いて行きました。バス代なんて出せないぜ☆

玉造温泉駅。


電車に揺られること10分。
やってきました、玉造温泉。
駅にまでしっかりと勾玉が掲げてあります、さすが!
出てすぐの所に大きな地図が置いてあったので、それを頼りに足を動かす二人。
あってるかどうかわからず、ま適当に行けばいいだろみたいなノリで…
橋の上から川をのぞきこんだら、なんか鯉が泳いでる…(鯉だよね?

鯉が泳いでた。


これはそこから撮ったやつじゃないんだけど、まいいか。
なんか結構大きいやつらが普通に泳いでてびっくりした。

たまに川をのぞきこみながら、アスファルトの道を歩く歩く…
なんとか、迷子にならずにたどり着きました。
すごい静かで川の流れる音が普通に聞こえてきて、あー癒されるとか言ってました。
私の気まぐれで、ちょこっと橋の下を歩いたり。
水冷たかった…! でも気持ちよかった!
旅館も景観を乱さないような、落ち着いた感じのもので見てて楽しかったです。
うん、ホテルって表現じゃなくて、旅館って表現がぴったり合う。
山は近いし川は流れてるし、車の通りも適度で静かだし…いいとこだ!
ふらふら歩いてたけど、ここでお昼ごはんの問題に直面。
一番奥まで歩いて行ったけど、結局引き返してゆ~ゆというところでパン買いました(ぇ
お前らそこまで来てパンかよという突っ込みは受け付けません、自分たちでやりましたから…
パン買って外出たら、すぐ前にある足湯に直行。
もさもさパン食べて、速効足湯初体験(私が
あつめと、ぬるめの二つがあってぬるめの方にしたんだけど…や、結構熱いですよこれ!?
でも、慣れたら何とも言えない心地よさ…!
足からほかほか!!

足湯場から。


浮いてた。


見苦しい足でごめんなさいorz


最初の方は私ひとりが足突っ込んで、あ゛ー幸せ…とか抜かしてました。
熱かったから、ちょっと足上げてみてみると、浸かってたとこだけ見事に真赤。
パン食べ終わったら晶祐さんも一緒に足湯。
やー気持ちよかった! 足元からだんだん身体が温まっていくあの感覚…!
あつめのお湯にもちょこっとだけ突っ込んでみたけど、あまりの熱さにすぐ戻ってきました。
そっちの方には、どこからか飛んできた葉っぱが隅の方に浮いててなんかいい感じ。
そしてすんごい見苦しい足ですみませんorz
でもまだこれ、マシな方です。
後半は、太ももの中ほどまで上げてましたから…
ニーソ脱いだ時、なぜか右ひざのところにあざがあってびっくりしました(ぇ
作った記憶が全くない…寝相悪いからかな…

曇ってた時。


こんな天気もあったけど、たまに雲を割って太陽の光がさしてきました。
でもま、日光があるとちょっと暑かったので曇りでちょうどよかったかな…風も暑すぎず寒すぎずな適度な温度でした。
ただ、なぜか警察官の人とパトカーがあって、特にしょっ引かれるほど悪いことしてないはず(だと信じたい)なのに妙に緊張しました。
足湯いいよ足湯。
何分くらいかは忘れたけど、適度にあったまってきたところで退散。
足だけのはずなのに、身体全体がぽかぽかしてました。
靴下越しにでも温度が伝わってきたからな…!

帰りは行きとはちょっと違う道を通りながら歩いてました。

川。


実は…


秋桜。


早くないか。


すべすべするぅ。


2枚目の写真、実は鳥さんがいたんだけど飛んで行ってしまわれた…orz
よくみれば、ひそかに飛び立った後にできた波紋が見えます、きっと。
秋桜は風が吹いてたのでなかなかこっち向いてくれなかった…
ツンか!? ツンなのか!? ツンツンばっかでデレはないのか!?
二人してわけのわからないこと言ってました。
そして、秋だというのに桜もちょっとだけ咲いてた。
……なんか、早くね?
びっくりしたな…桜は春に咲くから映えるんだと思う。
これも温暖化の影響なのかな…?
勾玉、すべすべしてました(笑

鳥居発見。


ちょっと近寄って。


駅に続く道をちょっと脇にそれると、石造りの鳥居が…!
いそいそと近寄って行きました。
拝殿や本殿はなく、ご神体だけが祀られてました。
きちんと手入れされてる神社よりも、なぜかこういうほとんど手の入ってない、ひっそりとした神社の方が好きだったりします。
鳥居は、境界線の役割を果たしてるんだっけ…
あっちの世界とこっちの世界は、同じ世界に在りながら違う世界。
神社の境内に入るってことは、あっちの世界に入り込むのと同じだよね…
階段は登らなかったけど、鳥居の向こう側には何とも言えない空気が流れてました。時の流れが違う、といわれてもなぜか納得できる気がします。
うーん、神社という空間は不思議だな…

そんなこんなで、玉造温泉・足湯だきゃほーい 企画は終了しました(そんな名前あったのか!?
今度行くときは、肩までつかりたいです。
冬か春に旅館に泊まってまったりしたい…(何歳だ
ま、肩までは無理でも足はできるね。
もちょっと奥の方にももう一か所あったんで、肩までが無理なら次はそっちで足湯リターンです。
もっといろんなとこ行きたいです。冬の日本海とか見てみたい…!

戻ってきてからは、お城の向こうにあるスーパー目指してチャリ部隊が出動、がぁ!

道 に 迷 い ま し た 。

二人揃ってどこにあるのかわかってないので、とりあえず城超えたらいいだろ! といってお城を超えたはいいが…主に私のミスでなぜか住宅街を彷徨ってました…ホント、ごめん…orz
途中で抜け出して大きめの道に出れました。
なーんか見覚えあるな…と思ってたら、初めて蜆湖行った帰りに、ここどこやねん! といいながら気分としては半泣き状態で通り過ぎた場所でした。
なんとかお目当てのスーパー見つけて入ったんですが…
なんだあれ、でかい…
量も種類も豊富で、見てるだけで楽しかったです。
ノドグロとかノドグロとかノドグロ…とか…orz
うん、ノドグロが一番印象に残ってるんだよ。
場所も行き方もわかったので、チラシにいいのが載ってたらまた行きたいです。

今日は楽しかった。
付き合ってくれた晶祐さん、本当にありがとう!! Merci beaucoup!!
気まぐれで引っ張りまわしてごめん、でも私はとても楽しかった!←

19時になったら夕飯作ろう。

別窓 | 日常の戯言 | コメント:0 | ∧top | under∨

<<お米が来たよ。 | 不定期(旧) | フルコマ決定きゃほーい。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。