冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

……ちょ

2008-09-15 Mon 14:41
china free




お姉ちゃん!?

ギ.ア.スみたよ、ちょ、ええ?! まって、公式まだ更新されてないけどこれってあの、もしかしてお姉ちゃん……うっそ!? え、お姉ちゃぁぁぁぁぁぁん!?!?!?!
咲.世.子.さ.んが生きてて何か素で嬉しかった、ナ.ナ.リ.ー生きてたよりもうれしかった。上からすたっときたオ.レ.ン.ジ.君もかっこよかったよ、オレンジって馬鹿にしててマジ御免! でも本名思い出せないんだ←
どう出るかと思ったら、なんかすごく冷たいお兄ちゃんでうえ!? てなったけど、やっぱアレかんなり無理してたんだね。ル.ル.ー.シ.ュ; ; 
前半の終りがすごくグッときた。ニ.ー.ナたちが何してるのかわからんのだけど、あれってフ.レ.イ.ヤ無力化かなんかするやつなのかな……。あ、富士山爆発した時もすごいビビった。
シ.ュ.ナ.イ.ゼ.ル黒すぎです、あの人何。ル.ルも言葉少ないから何考えてんのかわからんけど、シ.ュ.ナ.イ.ゼ.ルに比べりゃマシなんじゃないかと思う。シ.ュ.ナ.イ.ゼ.ルの場合は言葉で1ステップ・2ステップの簡単な論理+巧みな話術で人の心をひきつけるけど、そんな1・2ステップで語られるほど世界は単純な構造してない。でもまがいなりにも論理が通ってるから、何考えてんのかわからないル.ルよりもシ.ュ.ナ.イ.ゼ.ルについてしまうんじゃないかと思ってみる。そう考えると、人間なんてものはいつまでも未完成で自分の脳内だけで成熟した人間だと思い込んでるだけなんだね。
世界は誰にも優しくない、世界は常に無慈悲で無情で残酷。その世界を少しでも優しいものだと受け止められるように、人が少しでも幸せというものに近付けるように、そう思うのはだれもが同じなんだろうけど出来損ないはどうしようもない。結局争わないと生きてけないのかな。
あと2話で終わりで、何次はカ.レ.ン.ち.ゃ.んがグ.レ.ンでル.ルやろうとするっぽいけどどうなるの!? ニ.ー.ナたち何やってんの、間に合うの?! 
シ.ュ.ナ.イ.ゼ.ルやナ.ナ.リ.ーの言葉がすごくエゴでした。ナ.ナ.リ.ー知らないだけだけど、だとしてもね。
唯一心和んだのはセ.シ.ル.さ.ん作と思われる紫色のケチャップ?がついたホットドッグかじるニ.ー.ナとそれについて突っ込むプ.リ.ン.伯.爵。ル.ルとC.Cの語りは胸が痛かった。もういいじゃないかって……っ
終始ドキドキしっぱなしでした、来週どうなるんだ。どういう終わりを見せてくれるんだ。早く公式更新してくださいお願いしますorz

てな感じでギ.ア.スでした。
コ.ー.ネ.リ.アのとこは壁の薄いアパートということ忘れて叫んでしまった。
でも今に始まったことじゃn(殴
なんか、ニ.ュ.ー.タ.イ.プ買ってしまいそうな自分がいる。

昨日は21時半くらいに買ってきた饅頭持ってふらふら大学までいってきました。
アパート出てちょっとの間空見てたら、なんかすごい薄雲かかってるし。
月見えねー! や、違うね。これはあれだ、月に叢雲、花に風ってやつですねそうですね(自己暗示
まあいいやとふらふら歩いて学食近くにあるベンチに腰おろしてからまた見てみると
なんかすごい晴れててきれいな満月がかかってました。
うをー! めっちゃ綺麗な月出てる!! 空が明るい!!
もっさもさと饅頭にぱくつきながらみてきました。
Box棟のほうからやたらめったらテンション高い声が聞こえてきたけど、あれ何やってたんだろ。
風は向こうと比べるとちょっと湿っぽかったけど涼しいし秋の虫の音も聞こえるしで、すっかり季節変わってるんだなって思った。昼間とかはいまだにミンミンゼミ鳴いてるけどあんま元気ないな。
30分くらいしたら昼寝してたにもかかわらず猛烈な眠気が襲ってきたのでいそいそと撤収しました。
一日の半分近くを寝てたにもかかわらず襲ってくる睡魔……人体って不思議(マテ

明日から集中。
ちゃんと起きれるかな……(
イギイギなんで若干テンション高めで乗り込んでいけたらいいな(希望系!?
あ゛、ロンドンの残りのお金振り込んどかないと。

次帰るのは10月9日の予定。学祭? 何それおいしいの?

別窓 | 日常の戯言 | コメント:0 | ∧top | under∨

<<面白かった。 | 不定期(旧) | 十五夜。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。