冬眠。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ニャンコ。

2009-03-27 Fri 17:56
china_free.gif


買ってしまった。

本のこととなるとネジがぶっ飛ぶ如月です。
大丈夫、遠征には支障ない。

そんなこんなで、待ちに待った関東遠征まで今日含めて3日となりました。
普通なら部屋も片付き用意もばっちりというところでしょうが、そこは如月クオリティ。
部屋片付いてないよー! 用意もできてないよー! 死んだ!
このまま出ていったら悲劇通り越すのは目に見えてるので、今日バイトから帰ってきたら死ぬ気で片します。やればできる、やればできる(自己暗示
とりあえず、お金はかき集めてきた。バイト代、野口一人だけ残して全額おろした。
もう一つの方は来月頭に振り込まれるので、もしもの時はカードです。使いたくないけど。
どの鞄で行くかな……二つぶら下げるか、いっそのことでかいやつに入れるか。
ところで、国内線でも液体とかって制限あったっけ(をい
もう一回ちゃんとページ見るけど、どこに書いてあるかわからんorz
ふをー! アルパカが私を待っている! 殺生石は行けそうならいくことにします。
ムリポだったらまた今度リベンジすりゃいいだけだし。
羽田からの脱出ルート、東京⇔栃木間の移動ルート、東京都内移動ルート等確認しとかないとね。
駅内で迷子になったら駅員さんリレー決定です。同じ人に聞かないよう注意しないと。

昨日本屋さんで探してみたら置いてあったから、思わず買ってしまった。
中川昭一著『飛翔する日本』 税込1,680円。
は、はは、笑え、笑うがいいさ。
帯に中川さん映ってるんだが、もうこっち見んな! 照れるじゃないか´ω`*(ちょ
4章まで読んだけど、どちらかというと楽観的な麻生さんと違って悲観的。
でも、だから駄目だっていうんじゃなくて、だからこうしていかないといけないって流れかな。
新書というスタイルだったらもっと違った表現されるのかもしれないけど、どうだろう。
本当に日本のこと考えてくれてるんだってのが伝わってくる。
テレビの取材映像見たことあるけど、この人超几帳面だよね。各分野ごとにファイリング、自分でメモ書き、まとめ等々。情報収集能力はすごいと思う。でも不器用、でもそこがいい味出してる。
北海道出身でソ連の脅威を知ってるから、国防に関しても勉強しておられる。社民の党首とは全然違いますね、むしろ比べることすら失礼。月とスッポン超えたレベル。福島死ねばいいのに。
よくよく考えたら、中川さんってうちの両親より2つ年上なだけなんだぜ……
まだ途中なんだけど、これは一読の価値あり。考えさせられるよ。このままじゃいけない、何とかしないとってなる。
悲観的なのは悪いことじゃない。最悪の事態を考えることは何かをするにあたってごく当たり前の行動だし、考えられるだけのケースと対処法を用意するってのは大事。問題なのは、悲観的になって駄目だ駄目だといって周りもそれに引きずられてだんだん活気がなくなっていくってこと。悲観的だけど突破口を見つける、それに向かって段階設定をして前に進んでいく。それが人や国のあるべき姿じゃないかな。
変化には痛みが伴う、我慢を強いられる。でも、その痛みや我慢は未来の笑顔のために耐えなければいけない。その未来に自分は存在しないかもしれないけど、自分の育った国や子孫がいる。まだ顔見ぬ人たちのために、これから先も続いていく国のために、耐えるべきところは耐え痛みを共有していかないといけない。ただ、何も考えず、むしろ国益に反することであっても既存の体制に反対することで支持を得るようなやつらが抜かす変化!やチェンジ!に伴う痛みや我慢の先に日本人の笑顔はない。あるのは特定国・特定民族のしたり顔と、日本人の悔し涙だけ。自分はそんな未来は望まないし、先の大戦で散って逝った人たちも、日本人が主権を侵害され迫害されるような国を守るために戦ったりしてないはず。
国を愛するってことは、政府を愛するってことじゃない。自分の生まれ育った地域、文化伝統、自然、大切な人、家族、そういったものを愛するってことが大きな目で見ると国を愛するってことにつながるんじゃないかな。だって、国はそういうものすべてを包括する存在だから。

エスキモーが出してるチェリオ(アイスだよ
バナナアイスが出ててね。この間買って食べたわけだよ。
もうなにあれ、超美味しい。バナナとアイス、チョコって相性いいなおい!
と、そこで止まればいいのに加速するのがヲタク。
バナナアイス、ばななあいす……レ.ン.カ.イ?(
美味しかったです。

学校で久々にニャンコと戯れてきました。
黒のおちびちゃんでした、超可愛かった*´∀`
最初フー! て言われたんだけど触らせてくれたよ、そしたらすり寄ってきて喉ごろごろ鳴らしてにゃーって、にゃーって……!
黄緑の目が可愛らしかったです、何あの澄んだ瞳は。射抜かれたじゃないか、ああもう超可愛いよニャンコ可愛いよニャンコォォォォォォォォォォ!!!!!*´д`
お腹ふくれてたんだけど、あれどうしたんだろう。まだ子猫なのに、に、にに!?(落ち着け
今更ながらに親父が憎らしい。ニャンコと一緒の学生ライフってうらやましすぎるんだぞ畜生。
柔らかくなりかけた緑と黄色いタンポポ、白っぽい石に少し晴れた空の青、そして黒いおちびちゃん。
最高だよ……完璧な絵だよ、紙の中に閉じ込めたくなるほど完璧だった。
黒猫可愛いよね。あの滑らかな毛並み、最高じゃないか。短毛種は白よりも黒の方が好きです。白も好きだけどどっちかというと黒の方が好きです。猫だったら白とか黒とか関係ないけどどっちかというとやっぱ黒の方が好きです。でも、長毛種は白っぽい方が好きです。ゴージャス。白は膨張色だから余計にふわっとしててもふもふのし甲斐があるんだ´∀`
ああ、今思い返しても至福のひと時だった……鼻血噴きそう(

お腹すいた。

追記

『飛翔する日本』読み終わりました。
これから頑張っていかないといけないなって思った。教育方面に進みたい自分としては、その手の話題に関する情報が少ないのでこれから集めたりしないといけないな。少なくとも、国語はおろそかにしちゃいけないよね。悪平等って言葉に納得。違うよね。国民、市民育成の根幹をなすのは読み書き算盤、そして最近では歴史。なるほど、歴史か。だよね、日本人はもっと自国の歴史に誇りを持ってしかるべき。そりゃ不名誉なことや汚点はある。でも、それはどこの国にも付きまとうもので、純粋無垢な国は世界のどこにも存在しない。白いところと黒いところがあって、それらすべてが国を形作ってる。認めるべきところは認め評価する、反省すべきところは反省して繰り返さない。そしていつまでも過去に呪縛されず未来を描いて先に進む。歴史に関しては近隣諸国条項なんてくっだらないものが存在してるけど、こんなのとっとと撤廃しないと。他国と歴史認識を共有できるわけない。日本には日本の、他国には他国のそれぞれ歩んできた道がある。それぞれの立場を尊重し、歴史的に間違ってることは正さないといけないけど、間違ってもないのに特定国の都合がいいように変えられたりしたらいい迷惑。日本は誰の国だって話。客観的、歴史的事実に基づいていればいい。そこに特定の思想信条は必要ない。
他にも、日本人の美徳は世界では通用しない、図々しくてもいいから前に出ていかないといけないということも繰り返されてた。美徳は美徳として通用するコミュニティ内で発揮すればいい。でも、それが通用しないところではその場のスタンダードに則って行動しないと国益を損なう。相手も分かってくれるはずは通用しない。世界は弱肉強食、情けも容赦もあったもんじゃない、矛盾が堂々と成り立つ。そういう中でもそれらにのみ込まれず、自国の国益を追求するのが真に国思う政治家なんだろな。
他にもいろいろなるほど、と思うことあったけど、やっぱ昔のエピソードはいいですね。和む´∀`
中川さんも可愛いよね。あんまり笑ったところは見られないけど、笑ったらすごいいい顔するんだぜ。麻生さんもそうだよね。あの笑顔は、いい。こっちも思わず笑顔になれる。国を引っ張る人には、真面目な顔も必要だけど、国民を安心させ元気づけさせながら頑張っていこうと思わせられるような笑顔も大事だよね。翻って某党首は……真黒ですね、腹黒が顔にまでにじみ出てる。あれを悪人面と言わずして何を悪人面というって感じです。

ttp://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-090327X289.html
この手の問題は全くと言っていいほど目を向けないんだけど、どうなのこれ。なんかおかしくない。
子供が欲しいってのはわかるけど、他人の卵子・精子を使うってことは結局他人の子供ってことでしょ。自分の遺伝子は一つも入ってない。だったら、養子もらうのと変わらんのでないのと思ってしまうんだが。片一方だけ他人でもう一つはどっちかのってのでも、子供は幸せなんだろうか。親は子供にきちんと愛情を注げるんだろうか。
子供は親のおもちゃじゃないし、親の自尊心?を満足させるための存在でもない。愛し合った二人が愛の証拠になんて砂糖生産機になれるようなことはいいません。自分たちの遺伝子を次に残したい、それが根本にあるんじゃないのかな。自分たちの遺伝子を残すってことは、自分という個体は死んでも遺伝子というもので脈々と受け継がれていく。その中で自分という一個人も大きな流れの一つとなれる、みたいな。あれ、結局自尊心? 
うまく言えないけど、子供っていう存在に対するまなざしがおかしくないかな。命までおもちゃみたいに扱っていいのだろうか。自分たちの遺伝子をもつ子供が欲しいけど自力じゃできない、そういうときは体外受精という形をとっても構わない。本当に、心の底から子供を欲し、愛情もって育てあげられるんだったら。単に子供が、自分たちの遺伝子をもってなくてもいい、とにかく子供が欲しいというのなら養子をとればいいんじゃないの。自分は一切自分の遺伝子を受け継いでない、また相手の遺伝子も受け継いでないような子を愛せる自信はない。人は家族であろうとも自分とは違う他の人という意味で他人だろうけど、それでもその他人の中に流れる血には親の遺伝子が含まれている。血のつながりがある。血のつながりがなくてもうまくやってける人はいるだろうし、あってもうまくいかない人もいる。
親と子の定義ってのは千差万別だけど、なんかこの記事は納得できない。

北のミサイル(人工衛星?)の件だけど、政府はぎりぎりまで圧力掛けまくるべき。国民は今からでもいいから情報を集めて、慌てないこと。パニック状態に陥ったら何でもないことでも世界の終りみたいに感じるからね。
自分たちにできるのは、祈ることだけかもしれない。それでも、パニックにはならないようにしないと。そうなったら敵の思うつぼじゃないかね。秋田や岩手といった被害出そうなところは言うまでもなく、日本全土の人間が我がことと思って注視しないといけない。
9条教や一部市民団体はなんで平和を脅かす北に対して何の声明も上げないんだろうね。日本が核議論という言葉を言っただけで発狂するのに。平和を脅かすわけでなく、国防のために、抑止のための議論をすることさえ許さないのに、実際に核を作れるだけの力があって実際に撃った国、そしてまた実際に撃とうとしてる国には沈黙を守る。おまえらの言う平和は何だ。お里が知れますよ(笑

寒い。

別窓 | 日常の戯言 | コメント:0 | ∧top | under∨

<<スプリング。 | 不定期(旧) | 戯言ですよ。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| 不定期(旧) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。